全国の総合住宅展示場からモデルハウスを探せる[家サイト]。お近くの住宅展示場で開催されるイベントや家づくりの耳寄りな情報をお届けします。

家づくり体験レポート2016年9月 Vol.11

東京都江戸川区

PLOFILE

家族構成:
ご主人(78)、奥様(74)
延床面積:
293.61m²(88.81坪)
敷地面積:
220m²(66.55坪)

将来を見据えた賃貸併用住宅家賃収入で老後も安心!!!

築40年の木造住宅の建替を考え近所の住宅展示場へ。夫婦二人住まいの為、大きな家は必要なく予算も重視したいと相談しました。
鉄筋コンクリート住宅のレスコハウスでは「賃貸併用住宅を建築してはどうですか」と提案され、二人だけのコンパクトな家を考えていた為、真逆の答えが返ってくるとは正直驚きました。しかし、よく考えると、夫婦二人の生活空間を確保した上で、残ったスペースで賃貸収入を得、将来的には子供の為に資産として残せる、良い考えだと思いました。また、コンクリート住宅は遮音性にも優れ、各世帯のプライバシーも守れると説明を受け、ストレス無く生活できると、安心して家造りをスタートする事ができました。

  • こだわり

    外観は高級感のある総タイル貼りで、重厚なイメージとなっています。落ち着いた2色のベージュを貼り分け、街並みへの調和を図りました。

  • こだわり

    北側は賃貸専用のエントランスとなっています。オーナーの玄関とは動線を分けているため、お互いを意識することなく、快適に過ごすことができます。

  • お気に入り

    南側はオーナー専用玄関です。賃貸のエントランスと仕切られていることに加え、広い庭があることで、戸建てと変わらない感覚で住むことができます。

住宅メーカー担当者の声

オーナー住居と賃貸スペースを分け、プライバシーを確保。ポイントは遮音性の高さ。

「ご夫婦お二人の快適な生活空間を実現すること」が1番の課題だと感じました。賃貸併用住宅ではいかにしてオーナー住宅と賃貸スペースを分けるかが重要です。
今回は各々の玄関を南北に配置し、動線が交わらないプランとしました。コンクリート住宅の界壁は遮音性が高い為、オーナー・入居者ともにストレスが少なく、快適に住まいいただけます。賃貸収入を得、かつ戸建住宅の快適性を確保する事が出来ました。

レスコハウス
山口 拓也

お施主様が見学したモデルハウスを見る

一覧へ戻るページの先頭へ